質の高い睡眠をとりたい!寝てもなかなか回復しない。

30歳まではどんなに疲れていても、6時間ぐっすり寝ると、次の日の朝はすっきり体が回復していました。
30歳を超えてから、6時間以上睡眠時間をとれても、次の日の朝まだ眠く寝足りないことが増えました。
また、一度眠りに入っても眠りが浅いためか、加湿器の音や夫がトイレに入る音や外のバイクの音などで、すぐ目が覚めてしまいます。
睡眠が浅すぎるときは、夫が寝返りをうって布団が擦れた音だけで、目が覚めてしまいます。
一度目が覚めてしまうと、それからは1時間は眠ることができません。
質の良い睡眠をとるために、ネットや本で色々調べました。
寝る3時間前には食事を終え、好きなお酒もやめ、就寝前に携帯やテレビを見ることもやめましたが、なかなかすっきりと朝を迎えることができません。
いつも仕事が忙しく4時間ほどしか睡眠時間がとれていないにも関わらず、いつも元気な夫の母親に相談すると、部屋にアロマを炊くことと熱めの足湯を寝る2時間前にすることお勧めされました。
1ヶ月前から試していますが、寝つきはとてもよくなりましたが、やはり朝の目覚めがあまり改善されていません。
短時間でも体が回復する、質の高い睡眠をとるために、日々研究中です。(北の大地の夢しずくの口コミ)