冷房を付けていると寒く、しかし消すと暑い夜

夏の暑い夜、冷房がなければ眠ることに苦労します。しかし私は冷え性であり、また冷房の寒さはどうしても苦手ですからそれが原因で寝付けないことがあるんです。苦手なのだからと冷房の電源を落とし、窓を開けて扇風機を付けて眠ろうともしました。しかしその場合だとやはり逆に暑苦しく、どうしても眠ることができません。

冷房の温度を調整したりもしました。いつもは28度前後が過ごしやすい温度ですからその温度を保つように、どこかで風量は自動が良いと言われましたからその通りにしましたが、やはり眠るときには体温が下がってしまうこともあり、いつもならば過ごしやすい温度でも寒く感じてしまいます。だからと言ってそれ以上に温度を上げると今度は暑くなってしまい、やはり寝付くことができません。

扇風機の後ろに水を凍らしたペットボトルを置き、涼しい風を送るように工夫もしています。今はなんとかそれで寝付けてはいますが、これ以上暑くなってしまうと困ってしまいます。

ホームセンターなどに行くと、ひんやりする枕カバーやシーツ、タオルケットなども発売されているので、今度試してみようかなと思います。あとは暑さも気にならないくらいぐっすり眠れる事が出来れば良いのではと思い、思い切ってYOKONEと言う枕に変えてみようかなとも思っています。