痛風の予防をするために今できること?

痛風予防

激痛が走るといわれる痛風、できれば発症してほしくないと考える方もいるでしょう。痛風になりやすい傾向には、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどが原因の場合があります。

自分で、ある程度予防をしたいと考えるならば、一度自分の生活を振り返って、悪い生活習慣や、食生活がきちんとしているかどうかをチェックしてみましょう。

 

肥満体型の場合でも、痛風が発症しやすいといわれています。そのため、生活習慣を改善するならば、まず運動不足を解消していくといいでしょう。

運動を適度に行うことで、ダイエット効果も期待できます。汗をかき、また筋力を鍛えることもできるため、脂肪を燃焼させ、スタイルの改善することになるでしょう。

 

また、代謝機能が高まることで血行不良の改善にもなるため、痛風予防としてだけでなく、自身の健康にもつながります。

食生活では、暴飲暴食や偏食を控えるようにしましょう。プリン体を多く含む痛風に良くない食べ物などはできるだけ控え、尿酸値上昇を防ぐことも大切です。

栄養バランスの取れた食事を心がけることも大切ですが、味付けなどでも、少し薄味にするなど、自身の健康のためにもなるので、栄養だけでなく味付けなども意識して料理することも大切です。

 

また、お酒をよく飲む方もいるでしょう。多量のアルコール摂取、特にビールなどをよく飲む場合には、痛風になりやすい傾向もあるので、お酒もある程度控え、飲む場合には適度な量を守ることも痛風予防になります。